×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP燃費向上ドライビング低燃費車紹介燃費向上グッズリンク集
TOP > 燃費向上 > エアコンは使い方次第で燃費が格段に悪くなる

エアコンは使い方次第で燃費が格段に悪くなる

カーエアコンをつけると電気を使うわけですから、当然ながら燃費は悪くなります。しかし、その使い方次第によっては燃費がかなり悪化することもあります。

燃費が悪くなる使い方

太陽の写真暑い季節にはカーエアコン。暑いとすぐつけちゃいますよね。車中の温度は家の室内などに比べて温度が急激に上がりますから、夏などにはつけないわけにいきません。命の危険につながりますので暑いときには無理をせずにつけることが必要です。

しかし、カーエアコンをつける際には次のことにちょっと気をつけてみてください。エアコンには内気循環と外気導入の2つの空気の取り入れ方があることをご存知でしたか?外気導入というのは、車外の空気を取り込んでエアコンを動かすため、外の空気が暑いときなどには非効率なのです。

カーエアコンを使う時には内気循環をつかうと、社内で一度エアコンによって冷やされた空気を更に冷やすので温度低下に効率が高くなります。これは暖房の時も同様です。

▲ページの先頭へ

カーエアコンを効率的に使うその他の工夫

カーエアコンを有効に使う方法をいくつかご紹介したいと思います。

最初は外気を入れる

炎天下などに車を駐車した際には、社内の温度は50度にもなります。そのときに、いきなりエアコンをつけたとしても温度はなかなか下がりません。そういう時には、一度ドアを開閉したり、走り出しの時だけ窓を開けて走行するなどして、一度社内の空気を外に排出してからエアコンを使うと温度が速く下がります。

日よけを使う

炎天下に車を放置すると、春くらいでも車内の温度が急激に上がります。そこで、長時間車を日差しの下に置くときには、市販の日よけなどを使って車内に日差しが入り込まないようにします。これだけで温度は大きく変わります。

▲ページの先頭へ

 

TOP燃費向上ドライビング低燃費車 紹介リンク集サイトマップ

自動車の燃費向上ノウハウから、低燃費車の紹介まで。
(c)2007 自動車燃費向上大作戦! All right reserved.