×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP燃費向上ドライビング低燃費車紹介燃費向上グッズリンク集
TOP > 燃費向上 > 何キロで走るのが燃費に良い?

何キロで走るのが燃費に良い?

燃費のことを語る際によく登場するのが、一体何キロで走るのが燃費には最も良いのか?という話。一般道路では40km/h、高速道路では80km/hと言われているようですが、果たして本当でしょうか。

速度と燃費はどう関係する?

空気抵抗のイメージ写真そもそも、速度と燃費はどう関係するのでしょうか?この問題を理解するには、空気抵抗について少し知っておかなくてはなりません。空気抵抗とは文字通り空気の抵抗です。走っている自動車や列車の窓から手や顔を出すと、空気に押されたように感じるアレのことです。

この空気抵抗は、車の速度の2乗に比例します。速度が2倍になると、空気抵抗は4倍になるため、高速で走行するときはこの空気抵抗が極めて大きくなります。高速道路などで100キロほど出すと、エンジンで生み出される力の半分以上がこの空気抵抗に費やされます。

▲ページの先頭へ

速く走れば速く走るほど燃費は悪くなる

さて、本題に戻って、速度は燃費とどう関係があるのでしょうか。一概には言えませんが、基本的に速度が速くなればなるほどそれ以上に空気抵抗が大きくなり、燃費が悪くなります。

しかし、実際に自分の車で高速道路を走ってみると、「あれ?速度の遅い一般道よりも、速度の速い高速道路を走った方が燃費がよくなっているぞ?」という体験をされるかもしれません。

これは、一般道などでは信号やカーブなどで加速・減速・停止を繰り返すといった動作があるのに対して、高速道路では停止が殆ど無く、速度も一定で走ることができるという、燃費がよくなる条件を満たしているためです。

よって、速く走るほうが燃費がよくなるというのは基本的には間違いです。同じ高速を走るのであれば、やはり速度は抑え目に走るのが燃費としてはベターでしょう。

▲ページの先頭へ

 

TOP燃費向上ドライビング低燃費車 紹介リンク集サイトマップ

自動車の燃費向上ノウハウから、低燃費車の紹介まで。
(c)2007 自動車燃費向上大作戦! All right reserved.